winfows 7 の内容

Windows 7の基礎は、内部的なバージョンは「Windows 6.1」で、Windows VistaはWindows 6.0です。
これは、OSの中身がそれほど新しくなっていないことを意味しているのですがですが、大きな違いがあります。

@起動の早さ
AVista、XPからの移行が簡単
B抜群の互換性
CWindows XPモード
※Windows 7のProfessional以上(Professional、Enterprise、Ultimate)のエディションだけで利用できる
D新機能「Windows Touch」

vistaからの変更点

・Windows 7では、メールソフトはプレインストールされなくなった。ユーザー自身がなんらかのメールソフトをインストールする必要がある。
・Vistaのデスクトップで象徴的だった、画面端に配置された「サイドバーガジェット」は、Windows 7のデフォルトのデスクトップには表示されていない。
・Windows 7では、パソコンが何もしていない状態、つまりアイドル状態のときに、CPUの使用率を極力抑える仕様になっている。そのためWindows 7が動作しているノートパソコンは、VistaやXPよりもバッテリーが長持ちする可能性があります。
・ウインドウの最小化・最大化などに加え、新たに「ウインドウの透明化」が可能

ラインナップ

Starter  
機能限定OEM向け。ネットブックなどの低価格・低スペックパソコンを対象に、OEM向け・プリインストール限定で提供されるエディション。アプリケーションの最大同時起動が3つに限定されたり、Aero表示が不可だったりと、いくつかの機能制限がある。
Home Basic 
新興国市場向け。新興国市場に限定されて提供されるため、日本では販売予定のないエディション。Aero表示不可など一部機能が制限される。
Home Premium 
コンシューマー向け。一般ユーザー向けとなる標準的なエディション。Windows Aero表示対応。H.264コーデックやBlu-rayメディアへも標準対応する。
Professional 
企業向け。ビジネスユーザー向けのエディション。アクティブディレクトリやファイルの暗号化機能などに対応する。
Enterprise 
大企業向け。マイクロソフトの大規模ユーザー向けライセンス「ソフトウェアアシュアランス」を契約した企業にのみ提供されるエディション。BitLockerによるデータ保護、Windows Server 2008 R2と連携した各種サーバーアクセス機能などを備える。
Ultimate
すべての機能を実装したエディション。ライセンス形式以外、機能的にはEnterpriseと同等。

新機能

Aero Snap
ウインドウのサイズをマウス操作で変更できる機能。
Aero Shake
複数のウインドウをデスクトップ上で開いているとき、必要なウインドウ以外を非表示にする機能。
デスクトップの表示
タスクバー右端のボタンにマウスカーソルを合わせると、すべてのウインドウが透明化してデスクトップのみを表示
Aero Peek
タスクバーから、実行中のアプリケーションのサムネイルを表示する機能。
ジャンプリスト
タスクバー上のアプリケーションアイコンを右クリックすると、そのアプリの持つメニューやタスクなどを直接操作できる新機能。
Windows Touch
今携帯やMP3プレイヤーでは当たり前の画面タッチシステムですが、当然ディスプレーが対応していないと使えません。

総評

XPからVistaへの変更は、結論がら言うとこのwindows7にするための架け橋、実験でした。
それを見越した企業では、vistaへの移行は行われず。Windows7待ちであった事は周知の事実です。

Windows7では、Viataの経験から余計なものを省きOSの速さを実現しています。
またVistaの時期に各社サードパーティーでも対応が進みWindows7では準備万端と言うわけです。

このWindows7がXPと同様に、皆さんに支持されるOSになって行くことは間違いありません。
Googleでは、無料のOSを現在作成中ですので、それを睨んでマイクロソフトでも万全の体制で今回はOSのリリースに臨んでいます。
タグ:winfows 7
posted by Vistaman | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows7

Internet Explorer 8

Internet Explorer 8では、なんでも検索が早いとの事、当方でもアップデートしたのですが、確かに起動は早く検索も早いような気がしましたが、検索のたびに新しい窓で開いているのにはびっくりでした。

タスクバーにはIEだらけで何で、デフォルトでこんな設定にナ手いるのか分かりません。

アクセラレーターという機能がすぐに気が付きます。
カーソルを持っていくと何やらそこのポップアップで矢印が出てきます。
本家のサイトで確認したところ、下記のような説明でした。
””ページ内の気になった文字を選択してワンクリックするだけで、選択した文字を元に検索したり、地図を表示したり、翻訳結果を確認することができます。””

まだ使用しておりませんが、ブログにあるテキスト連動広告を連想すればちょうどあんな感じです。

私には邪魔な感じですが、今後の皆さんの動向を見たいと思います。

更に、更新ボタンの隣にこのボタンと良く似た感じのデザインで互換表意ボタンが新しく出来ています。
なんでもInternet Explorer 8 に組み込まれた [互換表示] ボタンを使用すると、古いブラウザー向けに設計された Web サイトを表示できます。テキスト、画像、テキスト ボックスなどが正しく位置合わせされていない場合は、[互換表示] をクリックするとサイトが正しく表示されます。
との事ですので、サイト作成などをしている方にが朗報ではないでしょうか。
一つのInternet Explorer 8を入れておけば、たのバージョンでも見え方が確認できます。

何か面白い情報ありましたらお寄せ下さい。
posted by Vistaman | Comment(0) | TrackBack(0) | Internet Explorer
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。