ReadyBoost

VistaではSuperFetchの記憶媒体としてHDD以外も選択ができます。

メインメモリーへのスピードと比べ、HDDへのアクセスはとても遅く、HDD上のページングファイルへのアクセスが速くならないため、SuperFetchで高速化の機能が取り入れられても、パソコンのパフォーマンスを高める効果は限定的なります。そこで登場したのがVistaのReadyBoostです。

ReadyBoostでは、HDD以外のメディア(フラッシュメモリーなど)にページングファイルを指定することができます。

大容量・低価格化しているフラッシュメモリーを使用することにより更なるパフォーマンスの向上が図れます。

ReadyBoost

USBメモリーを初めてVistaに接続すると、上のようなダイアログが表示されます。
ここで“システムの高速化”を選択して、表示されるプロパティでそのUSBメモリーをReadyBoost用として設定します。
そうすると、USBメモリー内に“ReadyBoost.sfcache”というファイルが作成される仕組みです。

メインメモリーに比べるとフラッシュメモリーは遅いのですが、HDDに比べると高速になります。

ReadyBoostに使用できるフラッシュメモリーはUSBメモリーだけではなく、SDメモリーカードやコンパクトフラッシュ、メモリースティックなど、ほとんどの取り外し可能なフラッシュメモリーが利用できます。
インターフェースもUSBに限らず、PCカードやExpress Cardなどが利用可能です。


タグ:ReadyBoost
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34491069
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。