Windows Defender

Vistaでは、スパイウェア対策ソフト「Windows Defender」が標準搭載されています。
スパイウェアのインストールを防止するリアルタイム保護機能と、ハードディスク内のスパイウェアを検出するスキャン機能の2点があります。

このソフトは、以前 マイクロソフトが買収したソフトウエアー会社GIANT Company Software社のスパイウェアを改良したものです。

マイクロソフトの説明によりますと、

""Windows Defender は、スパイウェアなどの迷惑ソフトウェアが原因で発生するポップアップ表示、パフォーマンス低下、セキュリティ上の脅威からコンピュータを保護することで生産性の低下を防止する無償プログラムです。
このプログラムには、リアルタイム保護機能、検出されたスパイウェアに対するアクションを推奨する監視システム、ユーザーの作業の中断を最小限に抑えて生産性を維持できるシンプルな新しいインターフェイスが備わっています。""

Windows Defender はパソコン全体のスキャンを手動・スケジュール実行し、既に侵入してしまったスパイウェアを駆除することも可能でスパイウェアの定義ファイルは定期的に自動アップデートされます。

似た機能で有名なフリーソフトのspybotなども同様の機能がありますが、spybotには自動アップデート機能がない点がWindows Defender の方が有利なようですが、体感的にはspybotがPCには軽い感じです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。