Windows Aeroとは

Windows Aeroは、ウインドウをガラスのように半透明にすることで、ウインドウ同士が重なり合っていても、下にあるウインドウを認識することができます。

またグラフィックスのリソースをうまく活用して、CPUの負担を軽減している点も注目されるところです。


下記のような感じでボタンに下の画像が鮮明に透過されえ見えます。きれいですね。
Windows Aero

透過されえ見えるとなにが良いかといますと。そのメリットは開いているウィンドウの中から目当てのものを探し出しやすいということです。

よく今までのPCではファイルが重なると、どこにお目当てのファイルがあるのかが分からなくなり、あちこちクリックしてデスクトップがめちゃくちゃになり整理しようと消していたところ、肝心のお目当てのファイルも消してしまいがっくりなんて経験あますよね。
タグ:Windows Aero
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。