フリップ

フリップとは、Windows Aeroがオンになっている状態でAlt+Tabを押すと、開いているウィンドウを小画面で中央に一覧表示できる機能です。

Altキーを押したままで、Tabを押すたびにウィンドウが切り替わり、目当てのウィンドウを選択できるのです。

この機能は別にXPでもサポートされていますが、あまり使われた経験が無い方も多いと思いますが便利ですので、Alt+Tabを押してそのままでTabキーをクリックしてみてください。

今お使いのXPでも新しい発見ができたのでは!!

XPではファイルの表示だけですが、Windows Aeroがオンの状態ではなんとウィンドウの内容をサムネイル画像で表示してくれるので、内容がひと目で分かり、目当てのウィンドウも探しやすいです。

フリップ
これならお目当てのファイルもすいすい探せますね。
タグ:フリップ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。