フリップ3D

雑誌などでWindows Aeroを代表する機能として紹介されているVistaの代表的が機能がこのフリップ3Dです。

フリップ3Dでは、Windows Aeroがオンになっている状態でWindows+Tabを押すと表示され、その状態でTabキーを押すかマウスのホイールを回すと、開いているウィンドウを重ねて並べた中から紙をめくるように参照し、操作の対象とするウィンドウをすばやく見つけ、選択することができます。

この機能も実はXPについていまして、Windows+Tabを押してそのままTabキーを押すとタスクバーにあるファーイルの表示が切り替わります。お試しください。

フリップ3D

この映像がよくVista紹介にときにテレビでも雑誌でも取り上げているのです。
見た目も未来的ですからインパクトが強いですね!!

タグ:フリップ3D
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。