ロープライオリティI/O

ロー プライオリティ I/OはWindows Vistaの新しいメモリテクノロジで、あなたが積極的に行いたい作業を優先する機能です。

ハードディスクにアクセスする際に優先の高いものから処理してくれる機能で、バックグラウンドで動作するプログラムがハードディスクなどにアクセスする順番を後回しにし、今使いたいプログラムを優先します。

よく使うアプリケーションをあらかじめ読み込むことにより、よりパフォーマンスを向上させて、メールソフトなど頻繁に使用するソフトウェアを検知し高速に起動することができます。

たとえば、ノートンなどの大型セキュリティソフトがバックグラウンドでセキュリティのチェックなどで動作して、パフォーマンスが落ちた経験がありませんか?

今までの OS では、同じ優先度で処理されていたからです。Windows Vista のロー プライオリティ I/Oでは、デフラグやセキュリティチェックなどは、優先順位が下げられており、今まさにやってる作業の処理を邪魔する事がなくなるわけです。

SuperFetchテクノロジーと同様に、使う側が意識する事はなく機能してるものなので、インデックスの作成やバックアップ・HDDの最適化・ウイルスチェックなど、バックグラウンドで動作するプロセスを多用する場合でも、これからは極端なパフォーマンスの低下に悩まされることはなくなります。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34643472
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。