Windows Media Center

Windows Media Centerは、PC上でさまざまなメディアを手軽に扱うための機能です。

すでにWindows XP Media Center Edition 2005で商品化されていましたが、今回「Home Premium」「Ultimate」という2つのエディションで標準となりました。

画像や音楽・映像・テレビ・オンラインコンテンツ・放送中または録画したテレビ番組や音楽などさまざまなメディアを統合的に扱えるようになっています。

すべてのエンターテイメントを1つのインターフェイスから、リモコンだけで手軽に一括で扱えますので、家電のような感覚でメディアを楽しめる機能と言ったところです。

Windows Media Centerは、スタートメニューから[すべてのプログラム]にある「Windows Media Center」をクリックすることで起動できます。

またWindows Media Center専用のオンデマンドコンテンツ「メディアオンライン」もより充実して提供されます。

デジタルカメラやビデオカメラ・ポータブルメディアプレイヤーとの連携も簡単に行えPCの楽しみ方が大きく広がります。

これらの機能のうち、注目となるのはやはりテレビ機能です。
まずはテレビ機能ですが、従来のWindows XP Media Center Edition 2005では、テレビ機能で録画した番組をDVD-Video形式でDVD-Rに書き込むために、サードパーティ製のソフトウェアが必要でしたが、Windows VistaではDVD-Videoの作成機能が標準で搭載されており、従来に比べてかなり使いやすくなっています。

Windows Media Centerをウィンドウ表示すれば、PCでほかの操作をしながらテレビを楽しむこともできます。

メディア素材をさまざまな方法で整理することで、簡単に検索して好きな作品を鑑賞できます。
サムネイル画像などのオプションを使用すれば、目的の CD、写真、映画、またはテレビ番組をすぐに見つけ出すことができます。

Windows Media Center
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。