保護者による制限

Vista business以外の全てのバージョンについている機能です。

この保護者による制限は、子供がコンピュータで実行できる操作を厳密に管理できるという安心感と確信を保護者に与えることを目的としています。

管理者権限を持つユーザーが標準ユーザーの操作を制限することで、使用できるプログラム、Webサイトの閲覧、パソコンを利用する曜日・時間帯、利用できるゲームなどを限定できます。

特定のアプリケーションの利用を制限することも可能。
標準ユーザーのパソコンの利用履歴を把握できる「利用状況レポート」という機能もあります。

アカウントのログオン時間(コンピュータの使用を特定の時間に制限)を指定し、保護者の目の届かない深夜や早朝などの利用を制限できたり、URL制限機能によって、年齢にふさわしくないWebサイトの閲覧を制限可能ですので、外出中でも安心です。

例えば、「アダルト」、「薬物」といったカテゴリを設定することで、それらの内容を扱ったWebサイトをフィルタリングできます。

設定は下記のようなパネルで一括に操作できますので、楽です。

保護者による制限
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34705900
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。