Windowsファイアウォール

Windows Vista(ビスタ) のWindowsファイアウォールは今までの Windows XP のものとは大きな違いがあります。

XPのWindowsファイアウォールでブロックできるのは、外部からコンピュータに侵入してくるインバウンドの通信(外部からの攻撃)のみでした。自分のコンピュータからのアウトバウンドの通信(外部への攻撃)は全くブロックしていませんでした。

その結果、ご自分のPCのセキュリティーが甘くてウイルスに感染した場合に(ファイル共有ソフトなどの利用によりこのようなことが起き易くなります。)、そのウイルスを他のPCに知らずにどんどん送って感染を広げていたなんてことも多々あります。

後から、ウイルス入りのファイルを送られた、などと言われて調べてみるとすでにたくさんの人に送っていたなんて経験をお持ちのかたもあるのでは無いでしょうか。

しかしWindows Vista(ビスタ)のWindowsファイアウォールでは、インバウンドとアウトバウンドの双方の通信を監視し、必要に応じて双方をブロックできるようになっています。

これにより、知らずにウイルス入りのデータを他のPCにどんどん送りつけていたなんて醜態をすることもなくなりました。

実際、コンピューターウイルスの広がる原因にこの知らずにばら撒かれていることによる拡大がかなりの原因になっています。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34795952
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。