Windows カレンダー

Windows カレンダーは、名前の通りWindows Vista のとても使い勝手のよいカレンダーです。

Windows カレンダーにはいくつかの特記すべき利用方法があります。
まず個人としての利用方法として、スケジュールの作成や、予定が近づいてきたことの警告、作業ごとに優先度を設定する機能などがあります。
予定が近づいてきたことを知らせる警告に関しては、分単位〜日単位でかなり細かく設定ができます。作業ごとに優先度の設定では、さらにその作業の進行状況の記録なども行ってくれます。
毎日忙しくしていますと、ついつい重要なことが後回しになってしまうのが常ですので、Windows カレンダーに設定をしっかりしておしりを叩いてもらいましょう。

次に複数のユーザーで1台のパソコンを共有している場合は、それぞれのユーザーが自分のWindows カレンダーを持つことができます。またみんなのカレンダーを重ねてそれぞれのスケジュールの調整や全員の都合のいい日なども簡単に把握できます。

最後に、Windows カレンダーはスケジュール情報の標準形式であるiCalendar形式(拡張子は.ics)に対応しているので、この形式に対応した他のソフトや携帯端末、Webサイトとデータのやりとりができます。
インターネットのiCalendar 形式のお好みのカレンダーに登録すれば、自分のカレンダーの横に自動的にそのカレンダーの最新の情報が更新され表示できるようになります。
仕事に遊びにと使い道はかなりありそうです。

Windows カレンダー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。