インテルノートPC向け新ブランドCentrino Pro

インテルは4月5日、ビジネス用ノートPC向けプラットフォーム「インテル Centrino Pro プロセッサー・テクノロジー」にすると発表した。デスクトップPC向けに提供してきた機能をノートPCでも利用できるようにする。Centrino Proは第2四半期中にも出荷開始される。

デスクトップPC向けの「vPro」技術をベースに高い管理機能とセキュリティと継承し、大容量のワイヤレスデータ通信やPCの長時間駆動を実現する。

Centrino Proは、インテルが提供するビジネス用ノートPC向けの本格的なプラットフォームに位置付けられている。

デスクトップPC向けの「Intel vPro」が搭載する「インテル アクティブ・マネジメント・テクノロジー」が利用できるようになり、ネットワーク経由でのPCの管理が可能。無線LAN接続したノートPCのセキュリティ保護機能も向上する。

Centrino Proは、Core 2 Duoプロセッサや802.11n規格対応のワイヤレス・コンポーネント、Windows VistaのAeroインターフェイスに対応したグラフィックスチップなどで構成する。

デスクトップPC向けの「Intel vPro」が搭載する「インテル アクティブ・マネジメント・テクノロジー」が利用できるようになり、ネットワーク経由でのPCの管理が可能。無線LAN接続したノートPCのセキュリティ保護機能も向上する。

次世代の無線ブロードバンド規格として注目されるIEEE802.11nをサポートしており、「MIMO」(Multiple Input Multiple Output)技術によって無線通信性能を5倍に向上できる。また、オプションの「ターボ・メモリー」を利用することで、通常時と比べてアプリケーションの読み出し速度を2倍に向上させ、ノートPCの起動時間を20%短縮できるという。

Windows Vistaのグラフィックス・インターフェース「Windows Aero」や、無線LANで接続したノートPCの管理や、有線接続したデスクトップPC、ノートPCの遠隔操作などができる「インテル アクティブ・マネジメント・テクノロジー」などにも対応する。

具体的なシステム要件は、Core 2 Duoプロセッサ(FSB 800MHz/VT搭載)、Intel 965GM/PM Express+ICH8Mチップセット、有線LANにIntel 82556MM、無線LANにIntel 4965AGN、およびAMT 2.5対応のファームウェア、VT/AMT対応のBIOSとされている。

vProは現在、トレンドマイクロ、NEC、日本HP、日立製作所、富士通、マイクロソフト、レノボ・ジャパンなどが協賛しており、3M、BMW、富士フィルム、INGなど200社以上が導入しているという。
タグ:Centrino Pro
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/38023413
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。