iTunes 7.2

iTunes 7.2が公開されついにWindows Vistaも正式にサポートさ、公開されたパッチを適用することにより、安全にiPodと組み合わせて利用できるようになりました。

iTunes 7.2では、デジタル著作権(DRMフリー)による使用制限がなく、かつ高音質な楽曲を提供するサービス「iTunes Plus」をサポート。

第1弾として、英EMIグループが提供する楽曲の一部がiTunes Plusに対応、従来は1曲あたり150円のところを200円で提供している(日本のiTunes Store)。iTunes Plus対応の楽曲は、コーデックには従来どおりAACを採用するが、ビットレートは2倍の256kbpsでエンコードされている。

VistaでiPodを安全に取り外すための修正パッチ

マイクロソフトは8日、Windows VistaでiPodを取り外すときに生じる不具合の修正パッチを配布開始した。
同社ダウンロードセンターで配布される更新プログラム(KB936824)は、32bit版と64bit版の2種類。なお、ダウンロードにはVistaの正規ライセンスが必要です。
タグ:iTunes 7.2
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/44116430
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。