googleのvista提訴のその後

googleの提訴を受けてMicrosoftは、Windows VistaユーザーがMicrosoft以外のプログラムをHDD上のデフォルトの検索エンジンとして設定できるよう変更を加えることに同意した。
さらにMicrosoftは、Windowsのスタートメニューに代替プログラムへのリンクを追加する方針という。
ただし、VistaのInstant Search機能自体には変更は加えない。

このようなgoogleとmicrosoftの間におけるIT上の熾烈な争いは終わることを知らない。

mivrosoftの独占的な牙城であるおoffice製品にもgoogleの攻撃はすでに行われており、web上でも無料の表計算・ワープロソフトがすでにリリースされています。

Internet Explorer 7をPCに導入すると、googleの検索ツールバーがインストールできない場合があるなどの問題もさらに抱えている。

これからの両者の戦いには目が離せないところです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。