iTunes 7.3.1

iTunes 7.3.1がついにリリースされました。
アップルは、ビデオ/オーディオ管理ソフト「iTunes」の最新バージョン7.3.1を公開した。対応OSはWindows 2000/XP/Vista、Mac OS X 10.3.9以降。
iTuns 7.3.1では、6月30日公開のiTunes 7.3において、iTunesのライブラリにアクセスする際に問題が発生する場合があった不具合が解決されている。
また同日に、動画再生ソフト「QuickTime」の最新バージョン 7.2が公開された。対応OSはWindows XP/Vista、Mac OS X 10.3.9/10.4.9以降。
これまで有償版(3,400円)でしか利用できなかった動画再生時の全画面表示を無料版でも利用可能にしたほか、H.264コーデックをアップデートした。そのほか、多くの不具合が修正されている。
Windows版はWindows 2000/XPのほか、Vistaも正式に対応。Macintosh版の対応OSは、Mac OS X 10.3.9以降で、iPhoneを利用する場合は、Mac OS X 10.4.10以降が必要。
またiTunes 7.3では、6月29日より米国で発売されたiPhoneに対応。iTunes上の音楽ファイルやムービー、テレビ番組などをiPhoneと同期可能となった。また、家庭内のiTunesサーバー上の写真ファイルを無線LANを介して、Apple TV上から閲覧可能とした。
これでVistaとの不具合も解消されたことになります。

タグ:iTunes 7.3.1
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。