ビスタアップデート

多くの利用者から未だ、不便とのクレームの多いビスタですが、一年を向かえようやく重い腰を上げた模様です。

今月それらのバグやアップデートに関するパッチを3点リリースします。

1つ目のパッチは、モバイル機器のバッテリ寿命の改善、無線接続の安定性の向上、非動作状態からの応答時間の短縮を目的としている。

 2つ目のパッチは、特にシステムがスリープやハイバネーションから復帰したときのUSBポートとの連携動作に関するものだ。この問題は報告されているクラッシュの全事例の1〜2%の原因になっているとMicrosoftでは述べている。

 3つ目のパッチは、「Vista Home Premium」と「Vista Ultimate」の「Windows Media Center」コンポーネント向けであり、「Xbox 360」をMedia Center Extenderとして使用した場合の連携方法を修正する。

 これらの修正は、2008年にリリースされるVistaのService Pack 1(SP1)にも収録される予定である。

Microsoftは、Vistaそのものの初めての大々的なアップデートとなる「Service Pack 1(SP1)」については、バグの修正と信頼性の向上などにとどめる意向だ。

 「VistaのSP1は機能に関係はない。メンテナンスに関係するものだ。新バージョンのOSは『Windows 7』だ」(Nash氏)

 開発コード名で次世代のWindowsに触れながらも、Nash氏は機能やリリース時期といった新しい情報は明かさなかった。だが、リリース時期については2010年頃を目指していると見られている。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。