Windows Vista SP1 その2

Vista SP1は互換性に最大限の配慮をしているようです。

Vista SP1のRC(リリース候補版)1を公開。12月11日にも、RC1を一般向けに公開する。正式版の公開は2008年第1四半期ごろとみられる。「Vista SP1は、互換性に最大限の配慮をした。

Vista SP1を導入する利点として、安定性の向上以外にマイクロソフトが挙げたのは、以下の4つ。
(1)新ファイル・システム「exFAT」
(2)ICカードなどを使った場合の認証機能の改良
(3)シンクライアント用プロトコル「RDP」の改良
(4)ハードディスクの暗号化機能「BitLocker」の改良

また海賊版ソフトウェア対処への取り組みの一部として、Windows Vistaを保護する新しい対策手法を発表した。

Vistaのライセンス認証プログラムの2つの悪用手段に対抗するための更新プログラムで、2008年第1四半期にリリース予定のVista Service Pack 1(SP1)に含まれる。

具体的には「非正規品だと認定されたシステムのユーザーは、システムの状態および正規品の入手方法について、繰り返し明瞭な注意を受ける。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/72659503
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。