SuperFetchテクノロジー

SuperFetchテクノロジーとはすでにXPでも使用されていたものを更に進化させメインメモリーを効率よく利用してパフォーマンスを上げる仕組みです。

Windows OSはメモリー管理の仕組みとして、“仮想記憶システム”を備えています。
OSがアプリケーションなどを実行する時、HDDからプログラムやデータをメインメモリーにロードする。
しかしWindowsなどのマルチタスクOSは、動作しているアプリケーションのプログラムやデータを、すべて一度にメインメモリーへとロードするのではなく、動作に必要な部分だけをメインメモリー上にロードして、ほかの部分はHDD上の仮想記憶領域(ページングファイル、スワップファイル)に置いているのです。

これにより実際に使用しているメインメモリーよりも多くのメモリーを使用することができ、快適にPCが作動するのです。

XPでは、メモリーの内容は64KB単位でHDDに記憶されてましたが、Vistaでは、最大64MBになっています。

SuperFetchでは複数のプロセスを長期間分析して、さらにコンピューターの動作状況を分析して、スワップするページを管理しています。
つまり、SuperFetchはユーザーがどのようにVistaを使っているかを分析して、アプリケーションの起動を速くしている賢いやつです。

※スワップとは
HDD上の仮想記憶領域に、メモリー内容の一時的なHDDへの書き出しを、“スワップ”と言います。

このように、VISTA(ビスタ)ではSuperFetchの機能で、使えば使うほどに分析が進み動作速度が向上して、体感的にも早く感じることができるのです。

ガジェット

Windows Vistaでは、デスクトップ上の右側に垂直のバーが表示されています。
これは、「Windows Sidebar」と呼ばれる新しいツールで、この垂直バーの中でミニアプリの「ガジェット」という小さなプログラムを実行することができます。

Windows Vistaには、時計やカレンダーなど、いくつかのガジェットが最初から組み込まれています

ガジェット

まず、「ガジェットの追加」をしてみましょう。
サイドバー上の+マークをクリックすると追加できるガジェット:ミニ・アプリケーションが出てきます。
クリック&ドロップで好きなガジェットをサイドバーに常駐させることができます。

ユーザーは自由にガジェットを追加したり、解除することができます。Windows Vista標準では「RSSフィードのヘッドライン」「メモ」「時計」「カレンダー」「株価」「連絡帳」「天気予報」などが用意されていますが、さらにガジェットをダウンロードして、簡単に追加していくこともできます。ダウンロード可能なガジェットについては、Windows Live Galleryを参照してください。

現在は、Windows Live用のガジェットとWindows Sidebarガジェットが提供されています。Windows VistaのSidebar上で動作させるには、Windows Sidebar用のガジェットをダウンロードしてください。

Windows Liveガジェットとは、Live.com上で動く小さなプログラムを自分の好みに合わせて選択して独自のコンテンツを構成するWeb上のコンテンツ・サービスです。

現在人気ガジェットとして、A popular number puzzleのsudokuや
コンピュータのCPU/メモリ利用率をキャラクタの表情で表してお知らせしますVistaFaceなどがあります。

Sudoku (Beta)
パズルゲーム
gajet1.gif


12星座占い
設定した星座の毎日の運勢とランキングを表示します。
また1クリックで詳しい占い結果(金銭運、恋愛運、仕事運、ラッキーアイテムなど)を簡単に確認できます。
gajet2.gif

人気ガジェット
gajet3.gif

デスクトップ上で時計、カレンダー、付箋などの機能を提供する「ガジェット」は現在107種がダウンロード可能です。

※ガジェットとは英語でガラクタ・道具などの意味があります。

タグ:ガジェット
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。