ガジェットダウンロード

ガジェットは既存のものの他に多くの無料でダウンロードできるものがあるのをご存知ない方が多いようです。

Vistaのミニアプリケーションの「ガジェット」は、あらかじめ用意されているものだけでなく、ダウンロードして追加できる。便利なツールやゲームなどさまざまな種類があるので、気になるガジェットをダウンロードしてみよう。

1.まずサイドバーの[+]ボタンをクリックし、ガジェットのギャラリーを表示。[オンラインで追加のガジェットを取得]をクリックする

2.ブラウザが起動し、ダウンロードサイトにアクセスする。ガジェットのカテゴリを選択する

3.使いたいガジェットの[サイドバーにダウンロード]をクリックする。この後、ガジェットを保存する

4.ダウンロードしたガジェットのファイルをダブルクリックして、インストールを実行するとサイドバーにガジェットが追加されます。

かなりの数のガジェットが公開されていますので、試してみてください!!

Google提訴vista独禁法違反

Microsoftが「Windows Vista」の完成を目指していた2006年,Googleを含め多くの企業は,米国や欧州連合(EU),その他地域の関係当局にMicrosoftの独禁法違反行為を訴えた。

MicrosoftにWindows Vistaの仕様変更を強いようと狙ったのだ。関係当局はMicrosoftに何も要求しなかったが,Microsoftは自発的に譲歩を重ねた。
さらに,Googleの願いが完全に聞き入れられることはなかったものの,MicrosoftはWindows Vistaに搭載するWebブラウザ「Internet Explorer(IE)7」で検索エンジンの関する取り扱い方法を変更した

「Googleは独禁法の関連当局に対し,『Windows Vistaに組み込まれた検索機能が,当社のデスクトップ検索ソフトウエアの動作を遅くさせている』という訴えも行った」とある。

つまり,この訴えは「MicrosoftがユーザーにGoogleの(突如として余分な機能となった)デスクトップ検索ソフトウエアを使わせないようにする目的で,わざわざWindows Vistaをこのように設計した」というのだが、現実はGoogleがwebの検索では独占状態にありこのような訴えは、欲のかきすぎではないかと感じられるところも歪めない。

いずれにしても、将来Googleが現状のMicrosoftがPCの基本ソフトとして独占状態でいることと同様な状況をwebの中で実現していくことは間違いないので、つまらない提訴になっているのではないでしょうか。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。