Virtual PC Express

Windows Vistaの大企業向けバージョンであるWindows Vista Enterpriseに搭載されているWindows Vista上で旧バージョンのWindowsやMS-DOS、その対応アプリケーションを動作させるために複数のOSを仮想的に1つのシステム上で動作させることが可能なソフトウェアになります。

Virtual PC Expressは、Windows Vista Enterpriseの一機能として提供されています。
以前のバージョン向けに開発されたアプリケーションの互換性を改善するためのツールで、従来型のWindowsオペレーティングシステムをWindows Vista Enterprise上で稼働させ、さらにその上で、従来型のアプリケーションを変更することなく稼働させることができます。

今後は仮想化ソフトウェアの浸透が深まり、PCの使用スタイルに大きく影響を及ぼす可能性があるため、動向に注目したいと思います。


Windows Media Center Extender

Windows Media CenterにはWindows Media Center Extenderと呼ばれるハードウェアが用意されており、これを家庭用のテレビなどに接続することでネットワーク経由でWindows Media Centerをコントロールできるようになっています。

このExtenderとしてXbox 360を利用することができます。
マイクロソフトのOSですからやばりXbox 360には便利にできているわけです。

Extender(Xbox 360)からネットワーク経由でPCに接続し、Extenderが接続された家庭用のテレビにWindows Media Centerの画面を映し出すことが可能になり、Windows Media Centerの機能を家庭用のテレビで楽しむことができます。

何ができるのかというと、実はWindows Media Centerのすべての機能が利用可能で、画像を見る・音楽を聴く・ビデオを再生するといったことはもちろんのこと、PCのテレビキャプチャユニットを利用してテレビを再生したり、Windows Media Centerで録画したテレビ番組を再生することもできるようになっています

家に訪ねてきた友人や親類などに、デジタルカメラで撮影した写真などを見せたいといったときなどに便利だろう。

Xbox 360

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。