Windows Vista アクティベートの延長

Windows Secrets Newsletterの3月15日号でジャーナリストのブライアン・リビングストン氏によりWindows Vista アクティベートの延長方法が紹介された。

通常は、インストール後30日以内にアクティベートとしないと機能が制限されてしまいうまく動かなくなってしまうのが、従来からのwindowsでしたが、この方法を使うと、最大1年間アクティベートしなくとも使えてしまいます。

Vistaの「SkipRearm」という機能を利用して、猶予期間を延長してしまう方法で、このコマンドを何回でも利用できてしまうという。

この方法を利用すれば、vistaを1つ手に入れればそれをコピーしてその後何台のPCでも利用できることになってしまい。

マイクロソフトには重大な問題となるはずですが、当のマイクロソフトからのこれを受けての発表では、そのようなことは実際には不可能で事実無根であるとの発表をしています。

この後、この問題の真意については実際に不正が発覚してマイクロソフトが対抗処置を発表するかどうか見極めていきたいところです。


iTunes 7.1

アップルからiTunes 7.1がリリースされましたが、今回のアップーデートで、ほとんどのVista(ビスタ)との問題は解決されてはいるもののまだいくつかの点で問題を残したままだそうです。

windows Vista(ビスタ)との互換性に関する問題はまだ少数ですが上げられており問題が起こっているPCでは、アップルのサポートページで解決を図ってもらいたいようです。

いずれにしても、次回のiTunesのアップデートにはこの問題も解決される様子ですので、日本ではかなりのシェアのあるiPodの専門ソフトですので、早期の改善を期待したいものです。


タグ:iTunes 7.1
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。