Adobe Photoshop CS3

アドビ システムズは5月8日に、業界標準の画像処理ソフトウェアの最新版「Adobe Photoshop CS3」を6月下旬に出荷開始すると発表しました。
Windows VistaとXP、PowerPC版、インテルプロセッサ版のMac OSに対応しています。またアドビは同日、Photoshop CS3を含むスイート製品も発表しました。

今回発表のPhotoshopには、Photoshop CS3とPhotoshop CS3 Extendedの2点があります。

Photoshop CS3はレイヤの管理機能を向上させ、内容に基づいてレイヤや画像を整列させる機能を追加。
レイヤを分析し、移動や回転させることで複数のレイヤをそろえる機能を付けた。
また、150種類を超えるRAWフォーマットのほか、JPEG、TIFFフォーマットをサポートするなどデジタルカメラ画像の処理機能をアップさせた。補助光効果やごみ除去の機能もあります。

Photoshop CS3 Extendedは、Photoshop CS3の基本機能をベースに3D画像処理を強化した製品。
3Dフォーマットをサポートし、3Dモデル上でのテクスチャ編集を可能にした。映像制作の機能もあり、ビデオフォーマットをフレームごとに編集し、ビデオをFlashなどのフォーマットで書き出すことができる。
3Dグラフィックス制作のほか、建築、エンジニアリング、医療、科学などの分野で利用できるという。
posted by Vistaman | Comment(0) | TrackBack(0) | Vista 対応商品

Wndows Vista対応ウェブカメラPWC-130IS

プリンストンテクノロジーは4月16日、130万画素のCMOSセンサーを搭載したWindows Vista対応のウェブカメラ「PWC-130IS」を、4月下旬に発売すると発表した。

PWC-130ISの特徴として、130万画素のCMOSセンサーによって最大1280×1024ピクセルの大画面表示を実現、VGA以下で、顔追跡機能やデジタルズーム、16種類のエフェクト機能等を装備。

PWC-130ISは、スタンドやフックや大型クリップで固定ができるので、机上からノートパソコンや液晶ディスプレイまで幅広く取り付けが可能です。

また、VGA以下での利用に限られるが、人物の顔を画面中央に自動調整する顔追跡機能やデジタルズーム、16種類のエフェクト機能などを利用することが可能だ。スタンド、フック、大型クリップでの固定ができるため、机上だけでなくノートパソコンや液晶ディスプレイへの取り付けも行える。

価格はオープン価格で、予想実売価格は5480円。WindowsだけでなくMac OS Xにも対応するが、顔追跡等の各種機能および付属ヘッドセットは使用できない。
タグ:PWC-130IS
posted by Vistaman | Comment(0) | TrackBack(0) | Vista 対応商品
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。