Windows Vista の種類

Windows Vista(ビスタ) の種類には、全部で6種類のラインアップが用意されています。

@Windows Vista Home Basic
パソコン1台だけというで、インターネット、電子メール、文書作成などのホーム・ユーザー向けの軽機能版Windows Vista。
Windows AeroやタブレットPC関連の機能が制限されているぶん、低コストになっています。

Home Basic

AWindows Vista Home Premium
ハイビジョンテレビの録画再生やDVDオーサリングなど、エンターテイメント関連の機能が充実しており、家庭およびモバイル環境用の,家庭向けエンタテインメントと個人向けプロダクティビティ作業の全般をカバーしています。デジタルエンタテインメントを楽しみたい個人向けの商品です。
Windows Aeroなどが使用でき、Windows XP Media Center Editionの後続製品

Home Premium

BWindows Vista Business
現在のWindows XP Professionalの位置付けのエディション。
中小規模の企業ユーザー向けのドメインの参加やリモートディスクトップなどの機能が装備。
DVDオーサリングやメディアセンター機能、一部のエンターテイメント関連の機能が実装されえていません。

Business

CWindows Vista Enterprise
大規模企業向けに最適化したエディションで,Windows Vista Businessの上位版に相当。
全機能が搭載され、暗号化機能などが強化されています。
ボリューム・ライセンス制度で・ソフトウエア・アシュアランス・を購入したライセンス購入企業だけに提供されます。
一般には小売りをしていません。
 
DWindows Vista Ultimate
Vistaで提供されるすべての機能を搭載したバージョン。
Windows Vista Home PremiumおよびWindows Businessの上位版で,両エディションの全機能にほかの機能を追加している。
家庭用、ビジネス用の機能が組み合わされている最上位製品。
全機能を使いたい場合はこれがおすすめです。

Ultimate
EWindows Vista Starter

発展途上国でのみ販売される
一般には小売りをしていません。 

以上の内容から一般でお買い求めいただけるWindows Vista(ビスタ)は、Home Basic・Home Premium・Business・Ultimateの4点になります。

Windows Vista の比較

Windows Vista(ビスタ) のバージョン別の気になる比較をして見ましょう。

  Windows Vista Home Basic Windows Vista Home Premium Windows Vista Business Windows Vista Ultimate
Windows
SuperFetch
ロー プライオリティ I/O
Windows Defender
Windows
Firewall

Windows internet
Explorer 7

Windows Aero
フリップ3D
 
Windows
Media Center
   
HDV対応のWindows
ムービーメーカー
   
Windows
DVDメーカー
   
Tablet
テクノロジ
 
Windows
ミーティング
スペース
○※1
リモート
デスクトップ
機能
○※2 ○※2
ドメインの参加
 
   
進化した
ファイルと
PCの保護
   
Windows
BitLocker
     
Windows
Ultimate Extras
     
Multi User
Interface
     
Virtual
PC Express
     
※1表示のみ
※2クライアントとしてのみ使用できます。ホストにはなれません。

この表からも分かりますように、必ずしもビジネス対応になると機能が増すのではなくエディションにより機能の実装はいろいろになります。

とにかく全ての機能を利用したいと考えている方はWindows Vista Ultimate がおすすめです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。