Vista のバックアップ機能

従来のWindows XPにもWindowsバックアップという機能が用意されていたが、Windows Vistaのバックアップはより実用的になっています。

バックアップの対象はこれまでのファイルだけでなく、システム全体にまで拡大されていて、HDDの内容をイメージファイル化して丸ごとバックアップする市販ソフトが存在しますが、ほぼ同等の機能が簡単に利用できます。

簡単に言いますと、Windows上でシステムのバックアップをHDDやDVD-Rなどに作成しておき、何かあったらWindows Vistaの回復モード、もしくはインストールDVDから回復モードを実行してバックアップメディアから復元することでシステムを以前の状態に戻すことができるのです。

しかも、Windows Vistaのインストール後、しばらくするとバックアップが未作成であることをシステムが検知して、バックアップの作成を勧めるメッセージが表示されます。

従来のようなファイル単位のバックアップを、日時を指定して定期的に実行させることも可能です。

またシャドウ コピーと言うソフトも便利で、マイクロソフトでは以下のように紹介しています。

""シャドウ コピーは、すべての変更を追跡します。
作業中のファイルを間違って上書きしてしまったことはありませんか?
誤ってファイルを削除または変更することは、データ損失のよくある原因の 1 つです。
Windows Vista の Business、Ultimate、および Enterprise エディションには、シャドウ コピーというデータを保護する便利で画期的な新機能があります。
この機能により、作業中にファイルの特定時点のコピーが自動的に作成されます。これで、誤って削除した可能性のあるドキュメントのバージョンをすばやく簡単に取得できます。""


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。