windows os の現状

VistaにSP1を適応しますと、マイクロソフトでは2009年3月まで無料の電話サポートを提供しています。
マイクロソフトによりますと、
””このヘルプデスクは特にSP1のインストレーションや互換性の問題に対応する。また本サービスは2009年3月18日まで継続する。””
とのことです。

ですので、SP1導入に関して問題や困ったことがありましたら、どんどんマイクロソフトに電話して聞いても今は無料です。

また一部のユーザーにおいては、このSP1のアップデートが表示されないことがあるようです。
事前に古いタイプのβ版のSP1などを導入していた場合はアンインストールしないといけません。またドライバーの一部に問題を起こす恐れがあるものが入っていますと、このドライバーを対応できるようにアップデートするまではSP1にはできません。

このあたりの説明をCNET Networksで詳しく説明しています。

またカカクコムは3月27日に第16回「ノートパソコン徹底調査!‐あなたはどのように使っている?」と題し、ノートパソコンに関する調査を実施、結果を発表しました。

この結果によりますと使用OSについては「Windows XP(67.4%)」が最も多く、「Windows Vista」はわずか18.5%にとどまったとの様子です。
まだヘビーユーザーにとってはVistaは危ない存在なのですね!

Windows Vistaに乗り換えない理由としては「持っているソフトが対応していないため(47.6%)」や「何が変わるのかよくわからない(34.8%)」、「購入価格が高い(31.2%)」などが多く挙げらていまいた。

タグ:WindowsXP Vista

Windows Vista SP1 開発完了

マイクロソフトは5日、Windows Vsita Service Pack1 日本語版の開発が完了したと発表した。

Windows Vista SP1は、Windows Vistaの発売以降に提供された500以上の更新プログラムや、新機能などをまとめて提供するサービスパック。機能面では、対応デバイスの拡大、アプリケーション互換性の改善、バッテリー寿命期間の改善、セキュリティ強化、信頼性向上、パフォーマンス向上の各分野について、機能強化と改善を図っている。

このほか、主な改善点として以下の項目が提示されている
ファイルのコピー、シャットダウン時間および休止状態からの復帰時間の短縮
Windows BitLocker ドライブ暗号化マルチ ボリューム機能追加
Windows BitLocker ドライブ暗号化マルチ ファクター機能追加
生体認証によるスマートカードログオン
グループ ポリシー項目拡充

Windows Vista SP1は、3月中旬からマイクロソフトのダウンロードセンターや、Windows Updateおよび企業向けのWindows Server Update Servicesで配布を開始し、4月中旬から自動更新される予定。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。